糖尿・肥満


糖尿 肥満糖尿病(症状・合併症の症状を軽くしたい)

肥満

やせたい

大森薬苑では こう考えます

●糖尿病

CL155_L近年、お酒をのまない女性にも、糖尿病が増えて来ました。生活スタイルの変化により、過食・ストレス・運動不足等で、急速に増えてきたと思われます。合併症がでないうちに、体質改善が必要です。
血糖値が高めでも、あまり症状が出にくいので、放置している方が多いですが、寿命を縮める大きな原因になります。糖が気になりだしたら、できるだけ早めに治療しましょう。

●肥満

肥満は、放置すると、糖尿病や高血圧などの「生活習慣病」につながります。
食の欧米化により、日本人の食生活が変わったことで、男女共に、肥満の割合が増えてきました。
適正な体重を維持することで、様々な病気にかかりにくい健康な身体を作ります。

現在の状態を丁寧にお聞きし、体質や栄養状態、ライフスタイルに合ったものをお選びしております。
原因療法の漢方薬を中心にお飲みいただき、症状が改善されたと大変喜ばれております。
一人で悩まず、ぜひ当店にご相談下さい。

 

あなたへのアドバイス

栄養バランスのとれた、適正カロリーの食事をとりましょう

tyousyokuカロリーばかり考えていると、栄養が偏ってしまいます。
栄養バランスのとれた食事は、健康維持にかかせないものです。

1日3食、均等に食べましょう

朝食抜き・ドカ食いは、血糖値が高くなりやすいので、やめましょう。
ダイエットの為にも、1日3回の食事をなるべく均等に、ゆっくりよく噛んで食べましょう。

運動を継続しましょう
suimin身体を動かすことは、血液の循環を良くし体温を上げ、身体の各器官の働きを高めます。
無理なく続けられる運動を取りいれて、毎日継続ましょう。

ぐっすり眠って、休養を十分に

十分な睡眠をとって身体を休ませることが、何よりも一番重要です。深夜までパソコンやテレビを見たり、本を読んだりしていていると睡眠時間が減ってしまいますので、気を付けましょう。

ストレスをためないようにしましょう

ストレスは、糖尿を悪化させるので、溜めずに発散させる工夫をしましょう。
【ストレス発散方法】
undou●友達とご飯を食べる(飲む)
●スポーツやダンスをする
●好きな音楽を聞く
●温泉や癒しのスポットに行く
●旅行・ショッピングに行く
●趣味に没頭する       などなど色々あります。お試しください。

 

 


customer01
customer02
otoiwawafoam